世田谷区上野毛の眼科クリニック

子供の近視

 

 デジタル社会が進む中、コロナ感染症の影響も相まって、子供たちのデジタル機器の使用時間が増加しました。
また外遊びの機会も減りました。

それに伴い小学生の近視化がすすんでいます。

近視が強くなると将来、緑内障や網膜剥離などの失明リスクのある病気にかかりやすくなります。
近視にならない、進ませないことは子供たちにとって非常に重要な課題です。


当院では、仮性近視の治療、近視進行の予防に対し、調節力を改善する器具ワック、各種点眼で加療しています。
また生活習慣非常に重要です。
毎日の生活でも下記の点を心掛けるようにしてください。


① デジタル端末は姿勢を正して画面から目を30㎝以上離しましょう。

② 30分画面をみたら、1回は20秒以上遠くをみましょう。

③ 休日は、明るい屋外で体を動かしましょう。

④ 栄養と睡眠をよくとりましょう。

 

TOPへ