世田谷区上野毛の眼科クリニック

加齢黄斑変性症

 

 加齢黄斑変性症は、高齢化社会に伴って増加している病気です。

「黄斑」とは、ものを見るための視機能で最も重要な、網膜の中心部です。
その黄斑部が障害されるのが加齢黄斑変性です。

加齢黄斑変性により黄斑部が障害を受けると、中心がぼやけたり、歪んで見えたり、暗くて見えにくくなります。
また視力の低下も認められます。多くの場合、症状は片側の目からあらわれますが、見えにくさは残りの目で補うため、異常に気づくのが遅れる場合があります。
TOPへ