世田谷区上野毛の眼科クリニック

糖尿病網膜症

 現在では糖尿病網膜症が中途失明者の原因の上位を占めています。

年間約3000人が失明しています。

糖尿病の初期には発症しにくいのですが、糖尿病の発症10~15年もすると単純糖尿病網膜症(出血のみの時期)が出現し、前増殖網膜症(血管が詰まった時期)、増殖網膜症(病的な新生血管ができた時期)と進行します。


初期から中期の時期には無症状であり、進行した増殖網膜症の時期でさえも、まったく異常を自覚しないことがあります。眼科的には、失明を防ぐためには前増殖網膜症の時期に網膜光凝固という治療を行うことが大切です。

目の症状が出てからの増殖期では治療最適時期を逃してしまうことになります。
そのため、無症状であっても、眼科定期検査は非常に重要です。
TOPへ