世田谷区上野毛の眼科クリニック

白内障

 

 だれでも、年齢とともに白髪が出てきたり、皮膚にシミやシワがでてきたりします。
眼にも同じことが起こり、瞳のうしろにある透明な「水晶体」の中でタンパク質が変化して白く濁ってくることがあります。
これが白内障です。

水晶体はカメラのレンズと同じ役割を果たしていますから、これが濁ってしまうと眼の中に入ってくる光の量が減ってしまい、物がはっきり見えなくなってしまいます。

最も多いのは加齢に伴い症状が出る加齢性白内障ですが、糖尿病やアトピー性皮膚炎などと合併して、若年層で発症する場合もあります。

主な症状は、視力低下です。
初期には、少し見えにくく感じたり、明るいところや夜間の対向車の光が眩しいと感じる方や、疲れ眼(眼精疲労)を訴える方もいらっしゃいます。
進行すると視力が低下し霧の中にいるように見えます。

当院では、白内障が原因となり患者さんが日常生活にお困りの場合には手術を勧めていますが、とくにお困りになってない場合は点眼治療などで経過を診ております。

 

TOPへ